スケジュール

  • 11月2日(水)   10:00~18:00
  • 11月3日(木・祝)10:00~18:00
  • 11月4日(金)   10:00~19:00
  • 11月2日(水)   オープニングセレモニー終了次第~18:00
  • 11月3日(木・祝) 10:00~18:00
  • 11月4日(金)   10:00~18:30
  •  

入場フォーム


  • ①添付しておりますGoogleフォームを回答していただきます。
  • ②予約完了のメールを大学祭当日受付テントにて提示していただき、確認ができれば入場することが可能です。
  • ※予約完了のメールを消去しないようお願いいたします!
  •  
  •  
  • チャリティーコンサート、よしもとトークショーのチケット予約フォームも別にユニパで配信されていますのでそちらのご提示でも入場可能です。
  • ※チャリティーコンサート、よしもとトークショーのチケットを予約される方は添付しておりますGoogleフォームに回答しないようお願いいたします。
    •  

ご挨拶

皆さんこんにちは!第74回生駒祭にて、実行委員長を務めます加藤悠真です。本日は、第74回生駒祭にご来場いただき、誠にありがとうございます。本会を代表し、厚く御礼申し上げます。そして、いつも応援していただいている皆様、ありがとうございます。

さて、今年の生駒祭のテーマは「 紡〜十人十色の杼が織りなす生駒祭〜」です。

「紡」は綿や繊維などをより合わせることで糸を作るという意味があります。このテーマには今までの生駒祭の伝統を守り、そして後世のためにより良い方向へと「伝統の糸」を紡いでいきたいという想い、そして、十人十色の多種多様な人々が協力し合うことで、小さな結束から大きな結束を生み出したいという願いを込めました。昨年の第73回生駒祭にて、コロナ禍でありながら対面開催を実現することができたのも、この「ただならぬ結束」があっての事だと考えております。そして第74回の生駒祭では、昨年の意思を受け継ぎ、織物を作る時に使用される道具「杼」を様々な価値観や考えを持つ人々に例えることで、十人十色の「杼」「生駒祭」という綺麗な作品を織ることを願い、このサブタイトルをつけました。

ロゴデザインには、今までの生駒祭の伝統を守り、「伝統の糸」を紡ぎながら未来へと羽ばたいていく様子を1本の糸で羽のモチーフを作成し、表現しています。また、コロナ禍という状況下であっても、様々な人々の協力のもと、明るく輝かしい生駒祭となるように、カラフルな色が混ざり合ったグラデーションで描いています。

現在、「with コロナ」の生活様式が浸透しつつあるなかで、生駒祭においても情報学部の新設による情報学部祭の発足や、3年ぶりとなる食品販売の再開など、新たな幕開けとなる年でもあります。テーマ・ロゴに込めた想いを通じて、近畿大学生、そして、この第74回生駒祭に足を運んでくださった皆様に、忘れることができない一生の思い出をお届けしたいと思います。

当委員会では、皆様に安心して生駒祭を楽しんでいただくためにコロナ対策を徹底しておりますが、皆様のご協力も必要不可欠です。どうか、よろしくお願いいたします。

「来年の生駒祭も行きたい!」と思っていただけるよう、我々実行委員会一同、一丸となり生駒祭を盛り上げていきます。ご来場くださった皆様も全力で楽しんで、素敵な思い出を作ってください!!

大学祭開催における感染防止対策について

  • 感染防止安全計画【第3版(令和4年9月版)】  ※公開日…2022年11月3日(木・祝)
  •